トレーニングの注意点
  1. 決して無理せずマイペースで行いましょう。
  2. 運動中は呼吸法を意識しながら行いましょう。
  3. 運動強度は段階的に高めていきましょう。
  4. 体調の悪い時、すぐれない時のトレーニングは避けましょう。
  5. トレーニング中に頭痛、腹痛、その他気分の悪くなった場合は直ちにトレーニングを中止して下さい。
  6. 他人との競争・力自慢は禁物です。
  7. トレーニング中は水分補給を十分に行いましょう。
  8. 空腹でのトレーニングは控えて下さい。

※週2〜3回のトレーニングを目安とします。

個人差はありますが、3ヶ月ぐらいから効果があらわれます。継続することが大切です。

マシンジムご利用について

ウォーミングアップ(ストレッチ)

  • トレーニングを始める前に、しっかりと筋肉をほぐしましょう。

          

エアロビクストレーニング(有酸素運動)

  • 身体に酸素を取り入れながら行う運動です。
  • 長時間(最低20分以上を目標に)行える位の強度で行ってください。
  • 心肺機能・持久力の向上や、脂肪の燃焼(肥満予防・解消)に効果があり、生活習慣病、虚血性心疾患の予防にもなります。
  • 会話ができる程度の強さで、終了後に苦しさを感じない程度で行ってください。

ウェイトトレーニング

  • 身体の主要な筋肉を鍛える運動です。
  • 筋力の向上・筋肥大・部分的なシェイプアップに役立ちます。
  • 基礎代謝を高め、脂肪が付きにくく、太りにくい体質づくりに役立ちます。
  • ウェイトは息を止めずにスムーズに持ち上げ、ゆっくり下ろしてください。
  • 姿勢が悪いと一定の部位に負担が大きくなります。

          

クールダウン

  • 軽い有酸素運動やストレッチで筋肉の疲れや緊張をほぐしましょう。
ウェイトトレーニングのポイント
  • 一般的に24〜72時間くらいで筋肉は回復します。週一回のトレーニングでは効果が薄いので、1日おきに週2〜3回の頻度で運動してください。
  • 定期的に継続することで、細胞を活性化させ、筋肉の発達を促します。
  • トレーニングに使用した筋肉には、十分な休養を与えてください。過剰なトレーニングは疲労が蓄積し、効果的な発達ができずに怪我の要因にもなります。
  • トレーニングと同時にバランスの良い食事を摂取することも大事です。

トップページへ

Copyright © 2017 Spec Inc. All Rights Reserved